a
プロローグ
出発
宮崎行きフェリー
宮崎ー鹿児島
第二屋久島丸
やっと到着
素泊民宿 晴耕雨読
計画変更
屋久島のお天気体験
キャンプ場へ
ヤクスギランド
ヤクザル遭遇
キャンプ場の夜
ウミガメ見物
大川の滝
台風七号道路>
滑落現場
更なるヤクザル
との遭遇
シュノーケル
更けゆく夜
安房川カヌーツアー
ずうずうしい奴
MTBツーリング気分
白谷雲水峡
屋久島最後の夜
おまけの旅
桜島
エピローグ


FAQ1
FAQ2
エピローグ
屋久島へのアクセス法は?
東京からでも大阪からでも外国からでも、とにかくまず鹿児島を目指してください。

鹿児島までのアクセスは、一番効率的なのが飛行機。最近は早割とか期間限定割引があるので、インターネットでよく調べるとオイシイ情報があるかもしれません。

安あがりなのは、大阪からだと長距離バス。これだと1日で屋久島へ行くことができます。他、ライダーやチャリダーは、鹿児島への航路や、私が使った宮崎までの航路+JRなどの方法があります。
もちろん休み期間の18きっぷ利用もありです。

鹿児島から屋久島へは日本エアコミューター、ジェットフォイルトッピー、フェリー屋久島2が有名。フェリー屋久島2は鹿児島を午前中に出航するので、そのあたりを考慮してアクセス方法を考えましょう。
GW、夏休みなどはものすごく混むので早めに予約がいいようです。それ以外も、ジェットフォイルは予約が必要。

バイク、車、自転車ありの人は、隔日航行(奇数日鹿児島発、偶数日屋久島発)の第二屋久島丸が利用できます。基本的に貨物船なので、乗客のみの乗船はできません。これは鹿児島を昼過ぎに出航するので、日程としては組みやすい。

その他、第二屋久島丸ではない普通の?貨物船に乗せてもらった人がいるようですが、これはたまたまラッキーだったケースだと思われますので考えないほうがいいでしょう。2000円くらいだったそうです。ええなぁ。

↓飛行機・主な船の時刻表と料金
上屋久町商工会交通情報
 

屋久島ってどこにあるの?どんなとこ?
九州本島の佐多岬から南へ約70km、鹿児島港から約130kmのところにあります。東には種子島、西には小さな口永良部島があります。もっと詳しく地図が見たい方はこっちで調べてみてね。
   ↓

大きさは、周囲約132km、面積約502ku。国内で5番目に大きい島です。
島の37.5%が国立公園で、九州最高峰1935.0mの宮之浦岳を初めとした山々が連なっています。垂直分布といって、山の頂上から麓までで、亜寒帯から亜熱帯までの植生が見られるのが特徴。つまり場所によって見られる植物が違ったり、気候が違ったりと、一粒で何度もおいしい島ということです。

気候とか天気とかってどんな感じ?
1ヶ月に35日間雨が降ります(キッパリ)。

というのは冗談ですが、場所によっては常に雨が多いようです。島は大きいので、私が体験したように、同じ時間でも雨が降っているところとそうでないところがあったりします。山間部では年間7000〜1万ミリ、海岸線でも東部では4000ミリ、西部では2500ミリ程度と、年間降水量も違っています。

1年で特に雨が多いのは、3月頃と梅雨から台風の時期とされています。気温も地域差が激しくて、宮之浦から尾之間へ南下すると、服一枚違うほど暖かくなるそうです。海岸線の平均気温は19.5℃、最高気温31〜35℃、最低気温8〜9℃。山間部では、冬は氷点下になることもあります。山頂付近は積雪もあって、縄文杉へは途中から雪道になるそうです。

なので、麓はだいたい鹿児島と同程度かそれより少し気温が上くらい、山間部はそれより気温が下がるという認識でいいのではないでしょうか。

私が行ったのは夏、7月20日あたりですが、麓はかなり暑く、山間部は普通の山並みの涼しさでした。台風直後だったので気候が安定して晴れていた日が多かったのかなぁと思っています。
ヤフー天気予報種子島屋久島地方←屋久島の天気予報
 

持っていったら便利なものとかってある?
なにはなくともレインウェア。これは絶対。ヤクスギランドなども傘ではつらいと思う。上下分かれているゴアテックスのとかあれば最高やけど、とりあえず傘だけだと不安でしょう。まぁ山に登る人は常識でしょうけど。

縄文杉などに行く人はヘッドライトなんかも便利。両手があくし、季節によっては朝早く出発するとき真っ暗だったりすると怖いしね。なくても行けるとは思うけど・・・。

あと、登山地図は便利。山に行く人は絶対。山と渓谷社から屋久島・種子島の地図が出ています。中に小冊子もあって、登山道の紹介もしているので、行くまでに買って予習するといいかも。大きめの書店には売っていると思います。私は行ってからその存在を知って、現地で買いましたが、すごく重宝しました。バス停も載ってるし。

次のページへGo!

1/2

ホーム 旅行記目次へ 旅行写真集 カブ旅行記 掲示板